2017年8月24日木曜日

市営住宅に関する京都市への陳情


報告が遅くなりましたが、陳情を出しました。
そして、市議会で検討され、現状復帰の原則が崩され、段差のある和室を現状復帰なしで改修できることになりました。
そして、土田が第一例として改修をしました。どのように変わったか、どのような問題点が残ったかは、また報告したいです。